« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008年10月 6日

ヌードデッサン1

もう10月ですね。昨日は夜から雨が降り始めて、半袖ではもう寒いくらいでした。

夏の暑さももうその影をひそめて、すっかり過ごしやすくなりましたね。ここのところ僕のまわりでは風邪がはやっているようですが、皆さまはいかがお過ごしでしょうか?

さて先日(…といっても先月の20日ですが)、僕が学んでいる通信教育(講談社フェーマススクールズ)のスクーリングでヌードデッサンをする機会があり、土浦の某会館まで行って参りました。

Croquis_i Croquis_ii  

 

 

 

 

 

 

 

 

僕も含めて、30人ほどの生徒さんがいらっしゃったでしょうか。5分ポーズを11回、10分ポーズを4回の計15回、なにしろ時間が短いので焦る焦る

ボサッとしてるとあっという間に次のポーズに変わってしまうので、最初はあまり良いものが描けなかったなぁ…。

Croquis_iii Croquis_v 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モデルさんはフランス人のとても綺麗な方でした。

Croquis_iv_4    ここに載せたクロッキーは、10分ポーズの3枚と5分ポーズのうちの2枚です。後からまったく手を加えていないので、かなり未完成なものになってますが…。使用したのは木炭とチャコールペンシル。素早く描くのに適していて「線」も「面」も描き分けられ、指で自在にのばすことができ、しかもかなり質の良い「黒」が出ます。僕にとって今は手放すことのできない画材の一つになりました。 

 

さてさて、11月のデザイン・フェスタももう1ヶ月ほどに迫り、12月のクリスマス展も迫っております。それにしては制作がまったく進んでいないのですが、こんなことで大丈夫か、俺?(…大丈夫じゃないよ

かなり焦っております。

今日も頑張ろ…

人気ブログランキングへいつもありがとうございます^^

 

 

今回のオススメ

今回使用したのは画用木炭の専業メーカーである「伊研」の画用木炭、そして「ヴァンゴッホ」のチャコール鉛筆です。ヤナギを焼いて作られたこの「伊研」の木炭は柔らかい描きやすさと質の良い「黒」がバランス良く、僕が常に愛用している画材の一つ。「ヴァンゴッホ」のチャコール鉛筆も、木炭に負けない質の良い「黒」と鉛筆ならではの扱いやすさから手放せない画材の一つとなりました。ソフト・ミディアム・ハードの3タイプがあり、今回使ったのはソフトのチャコール鉛筆で、柔らかくのばしやすい使い心地から愛用しています。柔らかめの鉛筆に代わって、最近では専らこの2つの画材を使っています。是非オススメしたい画材の一つです。

1950年創業の画用木炭の専業メーカー「伊研」の画用木炭です。伊研 画用木炭 高熱ヤナギ 細軸(10本入り) No.1500ヴァンゴッホ チャコール鉛筆

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »