音楽

2012年4月27日

いつの間にか4月後半・・・

相変わらずの遅い更新で申し訳ない

早いもので、もう4月もそろそろ終わりです。

・・・一ヶ月が早いよ~

皆さまは如何お過ごしでしょうか?

 

さて、冒頭の動画にもありますように先月は、

e-space東北チャリティー展のオープニングパーティーにて、

僭越ながらギター弾き語りをさせていただきました。

・・・モーレツに緊張してます(笑)

 

・・・いやいや、僕が望んでやらせていただいた訳ではなかったのです。

僕がいろいろとお世話になっているイラストの先生から、

その前日の朝に、突然ご連絡をくださって、

「明日、展示のオープニングで弾き語りやってみない?」とのお言葉が。

 

・・・「え゛・・・という感じ

何だか今年は、無茶ブリされることが多いような気が・・・(笑)

まぁ、それはそれで得るものも大きいから良しとしよう

とにもかくにも、

快く弾き語りさせてくださった軽音部の皆さま、

お聴きくださった皆さま、

本当にありがとうございました

 

さて、今月はまたイラストのお仕事をいただきまして、

「あーでもない、こーでもない」とやっておりましたが、

ようやく納品を終え、ホッと一息ついているところでございます。

来月の講談社フェーマススクールズ・ホームページ、

KFS SHOW ROOMにて作品が掲載されますので、

どうぞご覧くださいませ。

 

来月、またご案内いたします。

どうぞよろしく~

 いつもありがとうございます^^
人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月20日

自由が丘 Jazz Station~♪

09_10_12_jazz_station1 いや~、ようやく一仕事終えてホッとしたのも束の間、デザイン・フェスタとベスト・アーティスト展がもう間近にせまっております。・・・なのにまだ何も準備してなーい! いつものように連載イラストを描き終えるのに大変に苦労するんだナ~ まぁ、そこにまたやり甲斐があるんだけどネ。

・・・この間の土曜日、2日間徹夜同然でイラストを仕上げてから、そのままとある計画のための練習&打ち合わせであるお方とお会いして、そのまま休む間もなく店の仕事。いや、キツかった~ まぶたは重いわ眩暈はするわで、そのあとは泥のようにグッスリ眠れたけどネ(笑) 次の日は息抜きに知り合いの展示を二つ見に行き、帰りは頑張ったご褒美に久しぶりにステーキ屋へと足を運び、生ビールを飲みながら500グラムのステーキを平らげて、そのままBARや居酒屋を3件ハシゴ。・・・なので、昨日はどエライ二日酔いにうなされていましたヨ(笑) でも楽しかった~^^ またがんばるぞ~!

さて、冒頭のお粗末なスケッチは先日の12日、買い物&ちょっとした取材がてらぶらりと行った自由が丘にて、偶然行き会った「Jazz Station」なるイベントでの風景。何も知らずに通りかかったところ、何だか大音量の音楽が聞こえてくるしやたらと人は集まってるしで、「何ごとかしら?」と覗いてみてビックリ、シブイおじさま3人の見事なサックスとピアノ、ドラムス、バスの、これまた3人のおじさま達がジャズを演奏してるじゃありませんか! 1曲聴いただけでシビレた私は、そのまま最後のステージまで見てしまいましたヨ。いや、「体験」したと言った方がよいかナ。・・・う~ん、やっぱり生演奏はイイよね~! ライブってやっぱり最高ですわ☆ こんな最高のイベントがタダで見られるなんて、何てオイシイ思いができたことか^^ まさに棚からぼた餅、もっけの幸いですワ 最後のステージではジャズボーカリストのマリア・エヴァさんが加わって、会場の熱気も最高潮に。自由が丘の夜空に響く、彼女のソウルフル&パワフルな歌声! いやもう、モーレツに感動しました(笑)

09_10_12_jazz_station2 ・・・その熱を引きずりながら描いたのが冒頭のスケッチなのでございます。右は、マリア・エヴァさん(・・・のつもり) 係員さんに聞いたところ、写真撮影はOKだったんですが、ブログへの掲載はNGなのだそうで、何枚も撮影した写真の中から、偶然こちらを見て満面の笑みを浮かべたベストショットから描いたんだけど・・・う~ん、似てない ・・・あの光の中で、しかも写真から顔を描くのって不可能に近いぞ・・・ まだまだ修行が足りないね~(笑)

しかし、ジャズのライブもカッコイイんだな~、また見たいなぁ・・・なんて。来年から忘れずにチェックしよ~っと(笑)

人気ブログランキングへ ←今日も遊びに来てくださいましてありがとうございます^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月30日

思わぬセッション♪

09_9_30_sanshin_and_guiter 気がつけばもう9月も今日で終わり・・・。早いものですね~。ここのところ何かとやることが多くて、1ヶ月があっという間に過ぎてしまいます。

さて先日の日曜日は、知り合いや教室の先生方が参加されている展示のオープニングパーティーに、銀座まで行ってまいりました。僕の先輩でありますKさんとともに伺ったのですが、そこに三線を弾き語りしている女性の方がいらしていて、ナゼか成り行きでその方とKさんと僕の3人でセッションをすることに・・・ Kさんとその女性が三線、僕がギターを弾いて「涙そうそう」を演奏したんですが、即興でやったわりには上手くいった方かも・・・? 僕のギターのキーが合わず、音が微妙にズレていたような気もしますが(笑)、三線を弾き語っているお二人はとてもしっかりとした演奏でした。皆さんから拍手をいただいたときは何だかとても嬉しいやら恥ずかしいやらで、「お二人の足を引っ張っちゃったなぁ・・・、もっと練習しなきゃなぁ・・・」などと思っている今日この頃です。でも楽しかった~! Kさん、そしてNさま、お疲れさまでした~! とても楽しかったです! ありがとうございました~♪ 二次会も楽しかったし・・・その後は先生方と三次会までご一緒して帰途につきました。・・・終電に間にあって良かった(笑)

さてこの間「歌スタ」の二次審査に落ちてから、また懲りもせずに「全日本カラオケグランプリ」にエントリーしてみたんですが、見事不合格・・・う~ん、やっぱりキビシイね~(笑) とはいえ、この「全日本カラオケグランプリ」なるものが、いったいどういう舞台に立って歌うのかさえ分かっていないワタクシなのでありまして(しょうがないね・・・)、地区大会の観覧チケットを申し込み、一度その舞台を見に行ってまいります。関東地区は10月3日、4日とのこと。「・・・あぁ~、ここで歌いたかったな~」などと思うかもしれないし、「げっこんな大舞台だったの!? 落ちて良かった~」などと思うかもしれませんが(笑)、今からちょっと楽しみ^^

さてそんなわけで、夢ばっかり見てないでそろそろ仕事に戻ろ・・・

人気ブログランキングへ←今日もご覧くださってありがとうございます^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月28日

「歌スタ!!」二次審査~

どうも、またまたお久しぶりでございます~。毎日暑いですね、皆さまはいかがお過ごしですか?

さて突然ですが、「歌スタ!!」二次審査、昨日行ってまいりました~。・・・結論から申しますと、見事に散りましたね~(笑) いやもう、上がるわ上がるわ、選曲ミスのせいもあってか、空気に呑まれて完全に無意識状態になってしまい、審査員さんたちの質問にも何を答えたのやらハッキリと覚えていない始末でありまして、・・・やっぱりダメですね~ワタシゃ。小鳥の心臓ですわ(笑) 自分がこんなにも上がり症なのをすっかり忘れてました 完全に準備不足でしたね~。

それというのも、ちょっとした手違いのために以前終えたお仕事の修正依頼が入ってしまったり、また、新しい出会いがあり新たなお仕事をいただいたりと、もう目が回るほどの忙しさに追われていた今日この頃なのです。二次審査の書類が届くのも7月頃だと聞いていたんですが、今月の初めに早々に届いてしまい、完全に予定が狂ってしまいました。そんなこんなで、もうぶっつけ本番同然で臨んでしまったものですから、当然の結果といえば当然ですよね(笑)

それにしても・・・キーーーッ、悔しーーーっ!せめてあと1日2日でもじっくり準備できる時間があればな~なんて思っても後の祭り まぁ~今回ばかりは仕方がない。いや~、惨敗でした。

My_guiter  

 

・・・で、しょんぼりしながらギターを描いてみる。店のお客さんが安く譲ってくれた「ヤイリ」のギター。大して弾けはしないんですけどね(笑) いや~しかし悔しいな~。次はカラオケグランプリにでもエントリーしてみようか?(懲りてねーのかよ

 

 

 

しかし昨日は本当にいい経験ができ、また、いい勉強ができました。日テレタワーでの二次審査、テレビ局に入った経験などもちろんなかったので、ちょっとした初体験ですよね。エレベーターも広かったな~。同じ時間帯に面接を受けたのは全部で13人。僕の順番はほとんど最後の方だったので、いやもうソワソワするわ緊張するわで、内心本当にドキドキでした。・・・で、本番で失敗、と 面接を終えた帰途、悔しさに顔をしかめながら、「今の自分」というものも分かりましたしね。本当に得難い経験でした。

”プロとして歌う”ことを目標に集まった者たちの審査なのだから、厳しい目で見られて当然、僕はそんな中で完全に準備不足でした。ですがそんな厳しい空気に触れられたことで、”自分に向いている歌”と”自分が好きな歌”とは違うのだということも気づくことができました。単に歌がうまいのと、歌手になるということの間には、天と地ほどの差があるんですね。当たり前ですけど(笑) 反省点として、昨日僕が二次審査で歌った歌は、僕自身本当に好きな曲ではあったけれども、”自分に向いている歌”ではなかった。審査を終えてみてそれを実感しました。・・・自信がある歌だったんですが、その時僕はどうにもしっくりこなかった。審査の前、喉をならすために一人でカラオケを1時間練習したのですが、どういうわけかその時歌っている最中でも、自信がないわけではなかったんですが、どうにもしっくりこない。直感といいますか何故かは分からないんだけれども、「これではいけない」と肌で感じた。審査の時、曲を変えてもらうことももちろんできたんですが、僕はその練習での自分の直感にしたがう勇気がもてなかったんです。・・・で、本番で失敗、と 時には、そういう風に素直に自分の直感にしたがう勇気も必要なんだと思います。本番前の練習では、自分の集中力も最高潮に高まっているはずですからね。そんなときに、歌っている歌が自分にしっくり来るか来ないかは、本当に肌で感じる。「これから二次審査を受ける」という方がもしこのブログをご覧くださっていたら、どうかそんなことにも気をつけて、見事合格を勝ち取ってくださいませ^^ ・・・参考になるかどうかは分かりませんが(笑)

”自分に向いている歌”というのは、たぶん、自分の原風景や、長い間してきた経験の中で救われてきたもの、苦しいときなどに自分を支えてきたものなんかにその根拠があるんだと思います。ぼくにとってのそれは多分、「笑顔」だったように思います。辛いときに僕自身を支えてきたものはなんだったか? 家業が客商売ということもあって、辛いときでも笑って人と接しなければいけない。でもかえってそれに救われた経験が何度もある。辛いときでも無理に笑うと、不思議と明るい気持ちになれるものです。自分が笑い、人が笑う。人が笑い、自分も笑う。そんなことが、辛いときも苦しいときも僕を支えてきたように思う。そういう経験が長い間自分の心の奥底にすり込まれて、今の僕があるように思う。「人を笑顔にしたい」、そんな隠れた願望が僕の根底にあるような気がします。そしてもうひとつ、僕は辛くなったときいつも、自分の感情をストレートにさらけ出してきました。時には叫んだりしてね(笑) そういうものもまた僕を支えてきたものだった。そんな根底のものがあって、自分に向き不向きの歌が出てくるんだと思うんです。歌っていてしっくり来るか来ないかは、多分そういう根底で体験してきたものから来るんでしょうね。ですから、歌っていてしっくりくる歌、自分らしく無理なく歌える歌、僕にとってのそれは、長渕剛さんや尾崎豊さんの、自分の感情をストレートに叫ぶ曲であったり、また、BEGINさんの「ボトル二本とチョコレート」や「オジー自慢のオリオンビール」のように、人々を明るい気持ちにさせるような曲だと気づきました。カラオケやスナックでこれを歌うと喜ばれるんだ、これが(笑) 実際、辛いとき苦しいときに僕自身を支えてくれたのがそういった歌たちであったし、今まで歌った回数も相当あるな~、なんて思います。そういう歌がたぶん、”自分に向いている歌”なんじゃないでしょうか。それだけ自分が好きで好きで、自分の心に染み入って同化している歌なのでしょうから。そして気づくのは、僕の絵に対する態度も、不思議なことにそれと重なってくるということです。「人を明るい気持ちにさせるような絵を」という気持ちもそれに通じてくるような気がします。・・・そんな絵を描けているかどうかは分かりませんが(笑) やっぱり歌も絵も、自分自身が映るものなんでしょうね。そしてまた、歌を歌うということの原点も、絵を描くということの原点も、ひょっとしたら”自分を知ること”にあるのかも知れません。

「あっ、この絵好き!」と思う絵と、実際に自分が描ける絵に違いがあるように、僕が昨日二次審査で歌った歌も、ただ好きなだけで本当に歌えていなかったなぁ~、なんて思います。・・・で、僕が本番で歌った歌はというと、小田和正さんの「たしかなこと」。・・・しかも覚えてから日が浅い。落ちて当たり前だっつーの(笑) 合格不合格にかかわらず1ヶ月後までには電話で連絡があるそうなのですが、ワタシの場合は確実に不合格ですな(笑) ・・・短い夢だった(泣)

 

・・・とまぁこんな感じで、ひとつ事が終わってホッとしている今日の僕なのでした。とはいえ忙しさに追われて「メルヘン展」の準備もまったく進んでいないし、依頼されたお仕事も結構たくさんあるし、今月ももう残りわずかだけれどもやることが山積みだ・・・ 大丈夫か、俺? まぁ、やるしかないっしょ

さて、そろそろ仕事に戻ろ・・・

人気ブログランキングへ←スズメ並みのヨワヨワなハートに愛のクリックを♪

| | コメント (12) | トラックバック (0)